みなさん、こんにちは。津川真菜と申します。
私は人生の3分の1あまりを海外で過ごして来ました。 滞在先は英語圏、非英語圏様々ですが、外国にいる間は主に英語をコミュニケーションの ツールとして暮らして来ました。しかし、そう聞いた多くの方がイメージするように、 自然に不自由ない英語が身に付いたわけではありません。 実は、とても苦労して英語を習得しました。 というのも、海外へ行っていたのは、記憶にないほどの幼い頃と10代後半以降のみ。 幼稚園から高校二年生までは、日本の普通の学校教育の中で英語を学んだだけだったからです。 16歳で初めて外国で英語を話してみた時の、殆ど何も相手に伝わらなかったショックや、 その後、一年半に亘ってアメリカンスクール(高校)で過ごした苦しくも充実した日々を 今も鮮明に覚えています。 高校卒業後もたくさんの失敗と時々の成功を繰り返しながら、自分なりの方法で 徐々に英語でのコミュニケーション力をつけ、大学卒業後は日常的に英語を使う仕事に就き、 20代後半からは国際会議に出席する機会も得ました。 そして、その後は子育てをしながら、英語を教えると共に、 翻訳や通訳の仕事をするようになり、今日に至ります。 よく日本の英語教育は単語の暗記や文法ばかりで役に立たないと言われますが、 果たしてそうでしょうか。私が、ある程度大人になってから海外へ行ったにも関わらず 英語を使いこなせるようになったのは、むしろ中学・高校時代にしっかりと 身につけた単語力や文法力のお陰だと確信しています。その基礎がなければ、 海外生活で英語をある程度話せるようにはなっても、仕事で通用するレベルまでには 達していなかっただろうと思います。 幼い頃から本物の英語に触れる機会に恵まれる一部の人を除いて、 日本語の話者が日本に居ながらにして英語力を身につけるには、苦しいけれども、 やはり単語力と文法力という基礎固めをしっかりすることが大切だと信じています。 そこに、本物の英語に触れる機会が訪れれば、必ずや「使える英語」まで高めることが できるはずです。私は、英語を苦労して習得した経験がある私だからこそできる レッスンを心掛けたいと思っています。 カルミア学舎イングリッシュでは、英検や大学入試に出てくる長文などを教材に用いながら、 日本人講師による文法等の基礎固めと読解力の向上、 そして、ネイティブ講師によるコミュニケーション力の向上を効果的に組み合せ、 4技能全てにおける英語力アップを目指します。海外ではもちろんのこと、 これからは日本の国内にいても、生活のいろいろな場面で英語に接する機会が ますます増えていくことでしょう。将来、自由に英語が使いこなせるようになることを目標に、 一緒にがんばりましょう。


最新のチラシはこちらから。


カルミア学舎イングリッシュ


お問い合わせはこちらから。

 

カルミア学舎イングリッシュ

無料体験レッスン(2回)受付中!!


ごさんなし えいごなら
045-530-8157

スマホでご覧の方は電話番号のタッチで
連絡していただけます

 

 


カルミア学舎青葉台校のご案内


カルミア進学塾府中校のご案内

メールでお問い合わせは下記アドレスから
Email kalmia8157@yahoo.co.jp
http://www.shingaku.biz/
カルミア学舎イングリッシュのトップへ