■各レベルのレッスンの内容、進め方

レベル1は、英語学習を始めてから比較的年月の浅い生徒さんを対象としています。 目安としてはこれから英検3級合格を目指すレベルで、およそ15回のレッスンを1サイクルとしています。 その1サイクル終了後、或いは、その途中で英検3級に合格するなどして更に上を目指したい生徒さんにはレベル2に進んでいただけます。 レベル2は、これから英検準2級にチャレンジするレベルを目安とした設定で、英語学習を始めて2年前後の生徒さんを想定しています。 こちらのクラスも、およそ15回を1サイクルとして進めていきます。 レベル1、レベル2共に、1回のレッスンで1~2つの重要な文法事項を導入し、それをしっかりと定着させるために、 日本人講師とネイティブ講師が分担して4技能をバランスよく向上させていくための複合的なレッスンプランを組んでいきます。 具体的には、日本人講師による英文法や熟語の徹底指導に基づいたリーディング力強化中心のレッスン(40分)と、 ネイティブ講師の生きた英語によるリスニングおよびスピーキング力強化中心のレッスン(40分)が組み合された 80分のレッスンを週1回受講していただき、この他に宿題として出される簡単なライティングの課題などにご家庭で 取り組んでいただくことで、4技能すべてにおけるコミュニケーション能力の向上を図ります。 主教材には、例えば過去の英検試験問題などから短めの文章を抜粋したものを使います。 そして、ネイティブ講師と日本人講師が同じ文章を様々な角度から扱うことで、4つの技能が向上するだけではなく、 テーマや内容についても理解を深めていきます。更に、必要に応じて 例えば“Time for Kids”や”National Geographic Kids”と言った 英語圏の国々の子どもたちが実際に触れている雑誌やその他音声教材なども副教材として利用することで、 やがてやってくる大学受験で扱われるような様々なテーマにも幅広く対応できるよう、早い段階からその素地を作っていきます。



レベル3とレベル4は、大学入試で実際に出題された長文を素材に使います。 レベル3は、センター試験レベルの比較的易しい長文を、レベル4は難関大学出題レベルの長文を使います。 レベル3とレベル4では、入試問題から厳選した英文素材を使い、次のようなサイクルで学習を進めていきます。 まず、あらかじめ、英文とその英文をネイティブ講師が録音したものを配布しておきます。 生徒の皆さんには、予習として録音を何回か聞き、英文に目を通してきてもらいます。 その上で日本人講師が、その英文のSVOCの構造や単語・熟語、文章の意味を隅々まで理解してもらえるようリーディング力強化中心の レッスン(40分)をします。 その後生徒の皆さんには、1週間の間、ホームワークとして、 その英文素材の内容の理解を確認しながら、録音を繰り返し聞き、 さらに英文の意味がすらすら入ってくるという感覚になるまで、 音読をしていただきます。その上で、ネイティブ講師のレッスンの日を迎えます。 ネイティブ講師は、生徒の皆さんが、十分にその内容を理解し、リスニングや音読練習を繰り返した素材を使って、 スピーキング力強化中心のレッスン(40分)を実施します。また、この他に宿題として関連のライティング課題が出されます。 ライティング課題はネイティブ講師により添削されて返却されます。 このようにして、一つの厳選した英文素材を、 立体的に繰り返し学習していただくことを通して、 4技能すべてにおけるコミュニケーション能力の向上を図ります。 どのレベルのクラスも学年は問わず、お一人一人の力に合ったクラスの受講をご提案します。






カルミア学舎青葉台校のご案内


カルミア進学塾府中校のご案内

メールでお問い合わせは下記アドレスから
Email kalmia8157@yahoo.co.jp
http://www.shingaku.biz/←カルミア学舎イングリッシュのトップへ